講師紹介

今井美保(いまいみほ)
 
横浜生まれ。9歳より橘バレエ横浜教室でクラシックバレエを始める。
1978年

日本児童バレエ(現在の日本ジュニアバレエ)入団

1983年

橘バレエ学校 入学
 
1985年~牧阿佐美バレエ団 入団
バレエ団公演他、藤原歌劇団オペラ「レ・ヴィリ」の日本初演公演に出演。
      
1987年
バレエ団退団後、佐藤勇次氏に師事。パルコ劇場にて巻上公一プロデュース「あたま割り人形」ニコラス・ディクソン振り付け「Hyper Classique」に出演

1988年渡米
ニューヨークにて主にマギー・ブラック、ファイナス・ヤングに師事し、ジョフリーバレエ学校、スクールオブアメリカンバレエ、デヴィッド・ハワードダンスセンターでも研鑽を積む。
マギー・ブラックのスタジオを訪れていたハンティングトンバレエ団の芸術監督から「くるみ割り人形」の雪の女王に抜擢され、ほかにスパニッシュ,花のワルツのデュードロップなどソリストとして出演。ほかロングアイランドバレエ団公演でもソリストとして出演。

1991年 
Broadway Dance Center主催フランク・ハチェットショーケースの出演メンバーに選ばれる。

 

1992年
帰国後、国内公演にて「レ・シルフィード」の主役、「パキータ」のソリスト、東京新聞バレエコンクール創作の部のダンサーで出演など国内外の舞台活動をしながら橘バレエ横須賀教室、東京のスポーツクラブで幼児から大人までクラシックバレエとバレエフィットネス(日本初)を教える。

1994年~
再渡米し4年間デヴィッド・ハワード、ダイアナ・カーターや、ファイナス・ヤングに師事する。2児の母となる。

1998年
帰国 3児の母となる。

2003年~
岐阜県高山市で子供たちにクラシックバレエクラス開講。
      
2004~2011年
バレエ指導のほか小学校のダンス指導や中学校で講演する。
高山市ヤンサダンスフェスティバルでは2004年から2011年に江名子小学校に振付・指導した作品はすべてグランプリ・準グランプリを含め受賞。

2012年
第37回NAMUEバレエコンクール金沢 優秀指導者賞受賞
 
2018年
Progressing Ballet Technicトレーナー資格取得
 
岐阜県洋舞家協会 会員
飛騨洋舞家協会  会長
高山市文化協会  評議員